So-net無料ブログ作成

市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)

 市民記者メディア「JANJAN」が2010年3月末で休刊するこが明らかになった。市民メディアとして7年の歴史を持つ「老舗」だったが、広告収入が落ち込み、休刊せざるを得ない状況になったという。09年4月にオーマイライフ(旧オーマイニュース)が閉鎖、ツカサネット新聞も11月に休止するなど、市民記者によるメディアは厳しい状況が続いている。

 日本インターネット新聞社は2010年3月1日、同社が運営する「JANJAN」などのサイトを3月31日に「暫時休刊」すると発表した。メインコンテンツである、市民記者が書く「JANJANニュース」については、30日に記事投稿の受け付け終了。31日に更新も終了するが、閲覧は4月1日以降もできるという。

■会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった

 「JANJAN」は「市民の市民による市民のためのメディア」をキーワードにしたニュースサイト。一般から募った市民記者が記事を書いているのが特徴で、03年2月に創刊した。市民メディアとしてはかなりの「老舗」だ。政治関係に強く、20万人の政治家情報を登録した国内有数の政治家データベース「ザ・選挙」も併設している。

 発表文で休刊の理由の1つとして挙げられているのが、急激な広告収入の落ち込み。会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった、としている。広告主を探しており、見通しがつくまで休業すべきと判断したという。

 また、03年に創業したJANJANのサイトシステムは、ブログやツイッターなどの普及した現在では時代遅れになり、新しい技術を取り入れたシステムに更新するため、この際、一休みして構想を練る時間をとることにした、という。

 JANJANの当初の目的は、一方通行型の既存マスコミに刺激を与えることだった。しかし最近は、マスコミにも市民の投稿やブログとの連携を重視する動きが出てきた。また、既存マスコミに属さない報道関係者が主張してきた中央省庁の記者クラブ開放も、政権交代後少しずつ進んでおり、「こうした点からみて、弊社の所期の目的はひとまずは達成されたと得心しております」としている。

■登録している市民記者は約8000人

 今回の「暫時休刊」について、日本インターネット新聞社代表の竹内謙氏は、

  「PVは伸びていたのですが、この1〜2年で広告収入が大きく落ち、休刊せざるを得ない状況となりました」

と話す。竹内氏によると、09年度の月間平均PVは約2000万。現在登録している市民記者は約8000人、創刊以来7年間で掲載した記事は5万本にもなる。

  「これだけの量です。廃刊というのはもったいないですし、これまで協力していただいた方のためにも続けたいと思っています。ただ、何年も前にできたサイトですので、ビジネスモデルや、サイトのシステム含め、考え直す時期です。4月1日からお休みを頂きますが、仕切り直しです。なるべく早く復刊したいと思っています」

と話している。


■関連記事
ツカサネット新聞も「休止」 「市民記者」存続に危機感 : 2009/11/10
「市民記者」のオーマイニュース 2年半で撤退、4月下旬サイト閉鎖 : 2009/03/25
オーマイニュースはなぜ挫折したか 「敗軍の将と兵」が語った1万字(上) : 2009/05/31
文春が「常識破りの冒険」 ネットで新書「無料公開」 : 2010/02/28
子どもたちがすっかり虜に  日本よりロスで大人気「爆丸」  : 2010/02/24

高知・須崎港でも1.2メートル(時事通信)
「のぞみ」車内に煙=ギア潤滑油漏れる−神戸(時事通信)
引きずり死初公判 被告、殺意を否認 大阪地裁 「車止めていれば」謝罪 (産経新聞)
津波 国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
参院審議でも説明責任果たす=鳩山首相(時事通信)

市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)

 市民記者メディア「JANJAN」が2010年3月末で休刊するこが明らかになった。市民メディアとして7年の歴史を持つ「老舗」だったが、広告収入が落ち込み、休刊せざるを得ない状況になったという。09年4月にオーマイライフ(旧オーマイニュース)が閉鎖、ツカサネット新聞も11月に休止するなど、市民記者によるメディアは厳しい状況が続いている。

 日本インターネット新聞社は2010年3月1日、同社が運営する「JANJAN」などのサイトを3月31日に「暫時休刊」すると発表した。メインコンテンツである、市民記者が書く「JANJANニュース」については、30日に記事投稿の受け付け終了。31日に更新も終了するが、閲覧は4月1日以降もできるという。

■会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった

 「JANJAN」は「市民の市民による市民のためのメディア」をキーワードにしたニュースサイト。一般から募った市民記者が記事を書いているのが特徴で、03年2月に創刊した。市民メディアとしてはかなりの「老舗」だ。政治関係に強く、20万人の政治家情報を登録した国内有数の政治家データベース「ザ・選挙」も併設している。

 発表文で休刊の理由の1つとして挙げられているのが、急激な広告収入の落ち込み。会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった、としている。広告主を探しており、見通しがつくまで休業すべきと判断したという。

 また、03年に創業したJANJANのサイトシステムは、ブログやツイッターなどの普及した現在では時代遅れになり、新しい技術を取り入れたシステムに更新するため、この際、一休みして構想を練る時間をとることにした、という。

 JANJANの当初の目的は、一方通行型の既存マスコミに刺激を与えることだった。しかし最近は、マスコミにも市民の投稿やブログとの連携を重視する動きが出てきた。また、既存マスコミに属さない報道関係者が主張してきた中央省庁の記者クラブ開放も、政権交代後少しずつ進んでおり、「こうした点からみて、弊社の所期の目的はひとまずは達成されたと得心しております」としている。

■登録している市民記者は約8000人

 今回の「暫時休刊」について、日本インターネット新聞社代表の竹内謙氏は、

  「PVは伸びていたのですが、この1〜2年で広告収入が大きく落ち、休刊せざるを得ない状況となりました」

と話す。竹内氏によると、09年度の月間平均PVは約2000万。現在登録している市民記者は約8000人、創刊以来7年間で掲載した記事は5万本にもなる。

  「これだけの量です。廃刊というのはもったいないですし、これまで協力していただいた方のためにも続けたいと思っています。ただ、何年も前にできたサイトですので、ビジネスモデルや、サイトのシステム含め、考え直す時期です。4月1日からお休みを頂きますが、仕切り直しです。なるべく早く復刊したいと思っています」

と話している。


■関連記事
ツカサネット新聞も「休止」 「市民記者」存続に危機感 : 2009/11/10
「市民記者」のオーマイニュース 2年半で撤退、4月下旬サイト閉鎖 : 2009/03/25
オーマイニュースはなぜ挫折したか 「敗軍の将と兵」が語った1万字(上) : 2009/05/31
文春が「常識破りの冒険」 ネットで新書「無料公開」 : 2010/02/28
子どもたちがすっかり虜に  日本よりロスで大人気「爆丸」  : 2010/02/24

南方英二氏死去(お笑いグループ「チャンバラトリオ」メンバー)(時事通信)
キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
<3閣僚遅刻>鳩山首相「緊張感足りない」(毎日新聞)
<改正放送法>抜本的見直し メディアの資本規制強化(毎日新聞)
2ちゃんサーバーダウン続く 韓国紙に「大規模サイバー攻撃計画」(産経新聞)

真央、好調の裏に小顔マッサージ(スポーツ報知)

 24日(現地時間23日)のバンクーバー五輪フィギュアスケート女子ショートプログラムで2位発進となった浅田真央(19)は、行きつけの整体院「龍生堂」(名古屋市)で、通常のスポーツ整体と別に、謎の“小顔マッサージ”を受けていた。顔を引き締め、美しく見せるだけでなく、実はジャンプの回転のキレにも効果があるという小顔治療。どんな施術なのか、実際に施術してもらい、探った。

 真央が、“個人トレーナー”ともいえる龍生堂の呉藤龍生(ごとう・たつお)院長(43)のもとに通い始めたのは、04年の初夏から。昨年12月29日には「全身に筋肉痛と疲れがたまった状態」(院長)で訪れ、2時間近くかけ体をオーバーホール。また、五輪直前の1月16日と23日にも最後の手入れを受け、「金メダルを取ってください」という院長のエールに、笑顔を見せていたという。

 筋肉をほぐし、疲労をとるスポーツマッサージを受けることが多いが、「おととしの秋からは、小顔のマッサージも受けていかれます」と院長は明かした。エステのメニューにあるような“小顔法”? アスリートと縁がなさそうだが、院長は「スケートとも関係があります」とアピール。一体、どんなマッサージなのか。院長に無理を言い、アラフォー男の記者が、同じコースを体験させてもらった。

 「男性にやるのは初めてです」と院長は苦笑する。まずうつぶせになり、首、後頭部、背中のバランスを矯正。さらに頭部のマッサージを受ける。続いて秘密兵器の「吸い玉」が登場。真空にしたガラス球で顔をカポカポと吸ってもらう。「むくみを取る効果がある」とか。さらにお灸(きゅう)。熱くはなく気持ちいい。これは「あごの関節の炎症をとるため」。最後に顔全体を力強く入念なマッサージ。首から上がスッキリした感覚があり、間違いなく顔の血行はよくなった。ちなみに約60分で6000円だ。

 首や頭部のバランスを矯正することで「ジャンプの回転がよくなる」と院長。軸がブレないということか。さらに顔が引き締まり、りりしく見えることで「受けた後は、真央ちゃんは自信を持ってリンクに立ってますね」と力説する。昨年10月にも小顔術を受け、喜んで帰ったという。

 この日は、忙しい仕事のかたわらテレビ中継に見入り、拍手を送った。「まだフリーで逆転できますよ」。帰国したら、真央の疲れをほぐしてあげたいという呉藤院長。その首には、金メダルがかかっていることを信じている。

 【関連記事】
真央、ヨナの前で完璧ジャンプ!32回ノーミス…フィギュア
幸夫人もエール「真央ちゃん美姫ちゃん鈴木さん頑張って」
真央に「2並びの郵便局長」がエール…フィギュア
真央「金」に先手!ヨナの直前滑走で宿敵に重圧かける…フィギュア

<強盗>「すき家」2店被害、栃木90万円、埼玉は69万円(毎日新聞)
地域医療支援病院は全国で267施設−厚労省(医療介護CBニュース)
<遺伝子組み換え作物>作付面積が過去最高に(毎日新聞)
遅咲き鈴木、夢舞台舞う バンクーバー五輪(産経新聞)
原中氏が選対事務所開き―日医会長選(医療介護CBニュース)

<日本原燃>炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場(毎日新聞)

 青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場のガラス溶融炉内で、耐火レンガが破損するトラブルがあり、日本原燃は24日、炉内の急激な温度変化でレンガに強度以上の負荷がかかった可能性が高いと発表した。まれなケースで安全性に影響はないとしているが、今後は炉内の温度変化を緩やかにして破損を防ぐという。

 溶融炉は、高レベル放射性廃棄物をガラスで固化するもので、内部は熱を遮断するためレンガで覆っている。破損は08年12月に炉天井の1カ所で見つかった。溶けたガラスをかくはんする金属棒も曲がっていたため、棒でレンガを傷つけたとみられていたが、その後の調査で温度が関係していると分かった。

 棒が曲がった原因については、斜めの状態で上から過度に荷重をかけたり、温度変化で棒が腐食した可能性があるとしている。【矢澤秀範】

【関連ニュース】
青森・六ケ所村の核燃再処理工場:配水管が凍結し冷却水供給停止 原燃「寒さ想定外」
六ケ所村の核燃再処理工場:扉ハンドル折れ、男性社員がけが /青森
御坊・核燃料貯蔵施設問題:市議会委、関電から立地の可能性など聴取 /和歌山
御坊・核燃料貯蔵施設問題:早急な対応を 建設業者らの会、市議会に要望書 /和歌山
六ケ所村の核燃再処理工場:レンガ回収ずれ込む 作業終了時期「影響ない」 /青森

<自殺か>全焼の乗用車から警視の遺体 奈良(毎日新聞)
警部補を書類送検=妻に個人情報漏らす−静岡県警(時事通信)
<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
コンビニで約465万円窃盗 防犯ビデオに不審者(産経新聞)
苫小牧市内でナイフ発見=兵庫の72歳女性強殺−北海道警(時事通信)

<雑記帳>しょっつるパン発売 秋田(毎日新聞)

 秋田市にある百貨店の西武秋田店が、地元の伝統食材で大根をいぶした漬物「いぶりがっこ」や魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」を使ったパンを地下食品売り場のパン店と共同開発した。27日から発売する。

 角切りのいぶりがっこをパン生地で包んだものと、セリ・マイタケ・鶏肉をパンに載せ、しょっつるで味付けしたものなど3種類。独特の歯応えや香りが楽しめ、しょっつるパンは鍋料理のような味もする。

 ミスマッチにも見えるが、約1カ月にわたり試行錯誤を重ねただけに味のバランスは絶妙。“酒の国”秋田らしく、店の担当者は「朝食だけでなく、晩酌のおつまみにもどうぞ」。【小林洋子】

【関連ニュース】
四条河原町阪急:今秋に閉店…京都
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
セブン&アイ:西武有楽町店、年内閉鎖も 赤字続きで
余録:百貨店の苦境
マータイさん:ショップ訪問 小田急・新宿店

<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
ビックカメラ有楽町店で侍超え500人も「真央銀」にため息(スポーツ報知)
地元応援グルメ花盛り!長島銀メダルお好み焼き登場(スポーツ報知)
自民が審議復帰を決定、3日ぶり国会正常化(読売新聞)

共産・穀田氏、「小沢氏を潔白だと誰が信じているのか」 (産経新聞)

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は23日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が、東京地検による不起訴処分を踏まえ、「不正な事実はないことが明らかになった」と主張していることに対し、「(小沢氏が)本当に潔白だと誰が信じているか。検察は潔白だから不起訴にしたわけじゃないことは誰もが知っている。事実に対する目をふさいでいると言わざるを得ない」と批判した。

 そのうえで、野党側が求める小沢氏の証人喚問に応じない民主党の姿勢を「国民の期待に反したものだ。疑惑が出た場合、国会で明らかにするのは政治の務めだ。それを民主党自身が野党時代は要求してきたではないか」と非難した。

【関連記事】
「政治とカネ」で国会招致に応じない小沢氏
鳩山首相、参院選も小沢氏の体制で臨む
「小沢氏は国会のテレビ中継でしゃべった方が」 共産・市田氏
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を

雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に−愛知(時事通信)
<人事>日本経済新聞社(毎日新聞)
公明、露骨な民主寄り 介護政策提言 代表、協力姿勢を強調(産経新聞)
コアラにおいしいユーカリを 天王寺動物園 和歌山県日高川町と提携(産経新聞)

<アパート火災>2人が心肺停止 4歳と2歳の姉弟か 宮城(毎日新聞)

 22日午後4時半ごろ、宮城県名取市増田の2階建てアパート「シャトレーなとり」1階から煙が出ていると119番通報があった。名取市消防本部によると、1階の部屋にいた女児(4)と男児(2)を病院に搬送したが、2人とも心肺停止状態という。県警岩沼署によると、2人は姉弟とみられる。出火当時、母親は買い物に出ていて不在で、部屋には2人しかいなかったとみられる。【鈴木一也】

【関連ニュース】
火災:全焼、父と26歳長女?死亡 埼玉・越谷
火災:男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警
火災:高校生が4歳児救出 排水管から2階へ
火災:マンション1室焼き4人死傷 仙台
火災:民家全焼2人死亡 埼玉・富士見

日医会長選、現職の唐澤氏が出馬表明(医療介護CBニュース)
ベネッセHD、ボンセジュールを傘下に―低価格帯ホーム拡大へ(医療介護CBニュース)
対米、沖縄交渉「ほぼ同時に」=普天間移設で鳩山首相(時事通信)
「検察の裏金」調査する=行政評価使い、けん制球? −原口総務相(時事通信)
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴−神奈川(時事通信)

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)

 国家公務員が天下りせず、65歳の定年まで勤務するようになると、2025年度の総人件費は今より最大2割増加することが22日、総務省の試算で分かった。

 民主党は衆院選の政権公約(マニフェスト)で、国家公務員が定年まで働ける環境を作り、天下りのあっせんを全面的に禁止する一方、総人件費を2割削減することを掲げており、矛盾が改めて浮き彫りになった。

 試算は、みんなの党の柿沢未途衆院議員の要請に対し、総務省が回答した。

 それによると、一般職の国家公務員(約30万人)では07年度の退職者は1万2567人いたが、そのうち3222人が勧奨退職者で、平均退職年齢は56・7歳だった。

 試算は、年金支給開始年齢の引き上げに伴い、定年を段階的に65歳まで延長した場合を想定し、〈1〉退職勧奨は行わない〈2〉新規採用の抑制は行わない〈3〉61歳以降の昇給は行わない――の3条件を適用して行った。その結果、公務員数は25年度には4万9000人(16%)増え、総人件費は4000億円強(約20%)増加するという結果になった。

 政府は「天下りの根絶」を訴え、天下りの背景にある、50歳代で肩たたきを受ける「早期勧奨退職」を廃止する方針を打ち出している。一方、マニフェストでは総人件費を2割削減すると明記している。早期勧奨退職を廃止しながら総人件費を削減するためには、給与水準か新規採用数を抑制する必要があるが、いずれも実施は困難視されている。

<公訴時効見直し>公布の日に施行 法務省、改正案概要提示(毎日新聞)
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け(時事通信)
名古屋ひき逃げ 赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
トキが求愛行動=「枝渡し」、繁殖に期待−新潟・佐渡(時事通信)
「引退後は農業やりたい」=鳩山首相(時事通信)

<雑記帳>道路標識の支柱に腐食防ぐ新素材導入 埼玉県警(毎日新聞)

 埼玉県警は道路標識の支柱の腐食を防ぐため、特殊素材「アラミド繊維」を巻いた支柱の導入を始めた。防弾チョッキや航空機にも使われる強度の高い素材で、標識の補強に使うのは全国初。

 県警が昨年から調べた5万6000本のうち1割弱に倒壊の恐れがあった。湿気の多い地区とともに、散歩中の犬がよくマーキングをする標識も、腐食の進行が速いケースがあるという。

 新支柱になれば半永久的にもつのでコスト削減にもつながる。「おしっこだけでなく財政難にも強い」。担当者は自信たっぷりだが、愛犬家の皆さんも、マーキングをさせる場所にご配慮を。【浅野翔太郎】

「撮り鉄」運行停止捜査、大阪府警が実況見分へ(読売新聞)
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷−岡山・山陽道(時事通信)
官房長官、こっそり東京離れる…説明も拒否(読売新聞)
「社長、そのうち代える」=トランス社元顧問が取引先に−黒木容疑者の意向か(時事通信)
エビ養殖詐欺元幹部に無罪 東京地裁(産経新聞)

<蔵出しみかん>甘〜くなって出荷…岐阜・海津(毎日新聞)

 岐阜県海津市南濃町の貯蔵庫でじっくりと熟成された「南濃の蔵出しみかん」の出荷作業が行われている。

 生産農家の川合聡さん宅では、昨年12月初旬に収穫した約70トンの温州ミカンの半分を土蔵内に貯蔵している。床下に土管を通して冷たい空気が循環する蔵の室温は5度に保たれ、木箱で1カ月以上寝かしたミカンは酸味が抜けて甘みが増す。

 「今年は豊作の表年。夏場の天気も良かったので、おいしいミカンができました」と川合さん。出荷作業は4月中旬まで行われ、期間中は同町の道の駅「月見の里」や「JAにしみのグリーンセンター」で購入できる。【兵藤公治】

<訃報>面高信俊さん89歳=元王子製紙副社長(毎日新聞)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)
新国会議員会館にコンビニや託児所 テークアウト・カフェも計画中(産経新聞)
ガソリン盗容疑で少年ら逮捕 「金はないけどドライブしたい」 警視庁(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。